POWERWOLF PREACHERS OF THE NIGHT

POWERWOLF(パワーウルフ)
PREACHERS OF THE NIGHT / 2013年 / 83点

ドイツ出身のパワーメタルバンド、5枚目のアルバムです。

ドイツ本国では大人気ながら日本ではイマイチな事でお馴染みのパワーメタルバンドです。本作はドイツのHR/HMアルバムチャートで1位を獲得するという偉業を達成しており(前作は23位だったんだそう)、これが「出世作」と言われているそうです。

そんな本作ですが、特に大きな変化はありません。やや宗教臭さはあるものの、キャッチーでアップテンポな楽曲がズラリと並ぶ正統派欧州産パワーメタルアルバムです。
ただ、私は前作を「微妙にイケない曲がある」と評しました。要は歌メロが微妙に好みではなかったという事です。なので、本作も歌メロには一際気にかけて聞いたんですが……残念ながら本作もその評価は変わらなかったですね。悪くはない。決して悪くはないけど、やっぱり歌メロが微妙で「もうちょっとだけ変えてくれれば!」と思わずにはいられませんでした。

何なんだろう、このモドカシサは……。全体的には大好きなのに、サビメロだけがどうしても気に食わないんです。自分の嗜好がただ狭いだけなのかもしれませんが、もしかして同じ感想の人が他にもいるから、結果的に日本じゃ受けてないんじゃなかろうか、なんて思ったくらいです。本当、「Amen & Attack」とか「Coleus Sanctus」とか、あと少し変えるだけでメチャクチャ良くなると思うんだよな~。

お気に入りは「Lust for Blood」。後半にある地味めな1曲。でも、これがジワジワ来るんですよね。

褒めてるのか悪く言ってるのか、自分でもよく分かりません(汗)。大好きなのに好きになりきれない、そんな作品です。