When Fire Engulfs The Earth

DARK OATH(ダーク オウス)
WHEN FIRE ENGULFS THE EARTH / 2016年 / 82点

ポルトガル出身のメロディックデスメタルバンド、1枚目のアルバムです。

一切の前知識無く聴いてみました。音楽性はENSIFERUMと言った北欧のメロデスバンドからの影響を強く感じさせる非常にメロディアスなデスメタルです。女性がボーカルを務めているという点も大きな特徴だと思います(声質からハッキリと女性だと分かります)。

最低でも5分、最長で9分台という長めの楽曲が大半ながら、どれもなかなかにスピード感もあり、また終始雄大なメロディに包まれている為、あまり冗長には感じませんでした。ノーマルボイスもほぼ無し、モダンな要素も一切ありません。演奏技術もサウンドも非常にシッカリしており、1枚目にしてこの完成度の高さは凄いと思います。

ただ、一方で頭一つ飛び出るような強烈な曲もありませんでした。全体的に同じスタイルの曲ばかりで、「何となく悪くない」と言った雰囲気で止まってしまっています。個人的にはもっとメロディをハッキリさせて、各曲の差別化をさせた方が良かったと思います。

お気に入りは「Vengeful Gods」。冒頭のメロディにヤラれた1曲。こういうメロディの曲をもっと増やしてほしかった。

品質・方向性は一切文句ありません。後は、インパクトのあるメロディだけだと思います。次のアルバムに期待しましょう。