DAEMONIAN1

DAEMONIAN(デモニアン)
ENDLESS CORRIDOR / 2017年 / 85点

日本出身のブラックメタルバンド、1枚目のアルバムです。

INVASION OF SOLITUDE RECORDSというレーベルを運営するロード・メタル氏による一人ブラックメタルバンド(ソロプロジェクト)です。ボーカルからギター、ベースまで全てロード・メタル氏が一人で手掛けているらしいです(ドラムは打ち込みの模様)。

青を基調としたジャケットからも何となく想像がつきますが、その音楽性はDISSECTIONの影響をモロに受けたメロディアスブラックメタルです。キーボードはほぼ未使用ながら、ツインギターで寒々しくもメロディアスな旋律をぶちまけ、ド疾走をかましてくれます。

特徴としては「疾走感」と「クサさ」があります。
まず疾走感。DISSECTIONもそこそこスピード感はありましたが、ミドルテンポな曲も多い印象でした。が、このバンドは潔いほど全曲疾走しており、これが非常に気持ち良いんです。もちろん、速ければいいってもんじゃないですが、でもやっぱりスピーディーな曲というだけで興奮してしまいます。メタラーの性(さが)です(笑)。

そして「クサさ」です。どの曲にも「クサい」と言える悶絶パートが非常に多くあります。というか、ギターリフは大体がクサいです。クサメロディが出てきた瞬間は思わず胸キュンしてしまいます。メロディのクサさで言えば、ハッキリ言ってDISSECTIONを超えていると言っても過言ではないと思います。
また、それでもブラックメタルらしい「邪悪さ」も感じられるのも素晴らしい。

欠点としては、演奏やサウンドが若干荒い事。まあ、ほぼ自主制作に近いっぽいし仕方ないのかもしれませんが、もう少し丁寧に作ってほしいと感じました。まあ、こういうサウンドこそがブラックメタルらしいとも言えなくもないのかもしれませんが。

お気に入りは「Infernal Torture」。イントロに続く2曲目。初めて聴いた時はぶっ飛びました。

ちなみにCDは非常に手に入りにくいですが、各サブスクで聴けるので、気になった方はサブスクをどうぞ。私は「Amazon Music」で聴きました。